サーマクールでのたるみ治療について

PRP療法の美容効果

 

顔がたるんでる
仙台ではいくつもの美容外科が展開されており、特に女性の顔の悩みに対しては
柔軟に対応できる施設が整っています。顔の悩みの中で多い傾向にあるものとしては、
目の下のたるみなどが気になる部分となります。

目の下のたるみに関しては、多くのケースで加齢によって引き起こされることになり、
顔の筋肉量の減少や、皮膚内の脂肪の状態によっても影響することが分かっています。

目の下のたるみ

そんな中、仙台で行われているたるみ治療ではいくつかの種類が用意されており、
たるみ治療を利用する方の顔の状態に合わせた手術が行われています。

たるみ治療で有名なことの一つには、切開を行う方法があります。
切開は目の下の部分などを切り開き、余分な脂肪や皮膚などを取り除くことが
行われているもので、確実にたるみ治療を完結することができる方法になります。

他には切開をすることなく、余計な脂肪だけを取り除く方法もあり、
中程度の症状の方に向いているたるみ治療法になります。

また、比較的症状の軽い方の場合では、レーザー治療を利用することもお勧めになります。
レーザーを用いる場合では、皮膚に直接傷などを付けることが無いために、
治療が受けやすいものとして人気があります。

さらにコラーゲンなどを注射してハリを復活させる方法もあり、
気軽に利用できるものとして注目されています。

最新治療として人気のウルセラとは?

どんな美人も一気に老け顔にさせてしまう肌のたるみ。
年齢肌トラブルの中でも深刻な悩みで、スキンケアコスメや
マッサージなどでは太刀打ちできません。

このトラブルには、美容皮膚科で行われている
ウルセラが最適で、深いほうれい線やだぼついた二重あごも
すっきりと引き上げることができ、驚くほどのハリを
甦らせてくれます。たるみ改善治療

ウルセラは、メスを使わないフェイスリフトといわれており
切らないので出血や腫れもなく、肌や神経などへ与える
危険性も低く抑えられています。

従来のたるみ治療に用いられてきたマシンでは、肌の
浅い部分にしかアプローチできませんでしたが、
このウルセラは、最も重要だといわれている
表在性筋膜にピンポイントで作用することができるので、
肌の奥深くから引き締め、コラーゲン生成を
促進させることで肌の厚みや弾力も復活し、
望み通りの若返りが実現できます。

その効果は術後三か月ほどでピークとなり、その後半年から
一年程度持続できると言われています。